2014年

V>01の卓球ラバーレビュー スティフやリンバーとの違い

V>01の卓球ラバー

V>01(V>01)の卓球ラバーの試打レビューです。
TSPのヴィクタス(VICTAS)から発売されているハイテンションラバーです。

V>01の卓球ラバーの価格は、定価が4,968円です。
テンションラバーの中ではわりとお手頃な値段設定です。

V>01の卓球レビュー

V>01のパッケージには、スティフやリンバーと同じようにパワーアンドバランスとあります。

V>01を卓球ラケットに貼りさっそく試打です。
重量はズッシリしていて卓球ラバーの中ではかなり重い分類という感想です。
この重い感じはドイツラバーらしい様相です。

フォア打ちではボールが飛ぶという感覚です。
V>01は硬いラバーになっていてハードな打球感です。

サーブはあまり回転がかかりません。
ツッツキも同様にガッツリとしたスピンをかけにくいです。
V>01でドライブを打つと直線的に飛んでいきます。
Germanyと書いてある卓球ラバーによくある特徴のドイツテンションラバーらしさが出ています。

フリックは打ちやすいように思います。
V>01はトップスピンをかけるループドライブよりも、角度打ちやフラット打法のほうが向いている感覚の卓球ラバーです。
スマッシュはとっても速いスピードがでます。
V>01の性能はとにかく弾み、他社にもよくあるような重いじゃじゃ馬ドイツラバーという印象です。

V>01とスティフやリンバーとの違い

V>01の卓球ラバーは、他にもスティフ(V>01 Stiff)やリンバー(V>01 Limber)という種類も発売しています。
それぞれの違いをレビューします。

V>01は硬いハードな卓球ラバーです。
スティフ(Stiff)は無印より少し柔らかいです。
リンバー(Limber)はわりとソフトです。

ソフトになっているからか使いやすくなっています。
V01無印のようにぶっ飛びラバーという感覚はそんなに無いです。
V>01スティフもV>01リンバーも、無印とは別物の卓球ラバーではないかという感想です。

V>01の卓球ラバーの重量とスティフやリンバーの重さ

V>01の卓球ラバーの重量はとても重いです。
スティフやリンバーの重さは、無印よりも少し軽減されています。

V>01スティフは無印よりもほんの少し軽いですが、平均的な卓球ラバーよりも重いです。
V>01リンバーはスティフより軽くなっているものの重量は重めという感想です。
ラウンデルのように軽くは無いです。

反対面を軽い卓球ラバーにしたほうがいいですし、軽めの卓球ラケットを選んだほうがいいです。

 


卓球ラバー激安販売
中古ラバーが半額以下!練習用に試打用に最適。
http://tkra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


posted by 卓球ラバー感想レビュー at 01:17 | V>01リンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年

V>01リンバー(V>01Limber)のレビュー

V>01リンバー(V>01Limber)の卓球ラバー

V>01リンバー(V>01Limber)の卓球ラバーについてのレビューです。
TSPのヴィクタスから発売されたハイテンションラバーです。

V>01リンバーの卓球ラバーの値段は、定価が4,830円です。
少し控えめな価格でお手頃です。

V>01リンバー(V>01Limber)の卓球レビュー

V>01リンバー(V>01Limber)のパッケージは、パワーアンドバランスと書いてあります。
パワーとあるので、かなり飛ぶのかなというのが打つ前の感想です。

V>01リンバー(V>01Limber)を貼って試打しました。
重量は普通くらいの卓球ラバーという感じです。
特に軽くは無いですが、最新ドイツラバーによくあるようなとっても重い重量でもないです。

フォア打ちするとボールにスピード感があります。
カチコチに硬くはなく、ヴェガヨーロッパのようにフニャフニャでもないです。

サーブとツッツキは卓球歴の浅い人からは一見かかっているようにみえるようですが、そんなにかかっていないです。
テナジーやヴェガみたいにスピンがかかりませんが、V>01リンバーはストップを短くコントロールしやすいです。

スマッシュとフリックは入りやすいという感想です。
ファスタークG−1のシートのようにほんのりボールが滑るような感覚があるからか、フラット打法がやりやすいです。

ドライブはほどほどの回転です。
スピン系テンションラバーという印象ではないです。
ラウンデルブライスFXの方がかかります。

けれどもV>01リンバー(V>01Limber)はそこまでぶっ飛んではいかないです。
パッケージにあったコントロールという文字の意味がわかりました。

最近のドイツラバーはスピードもスピンもいまいちなのに飛距離だけ出るという性能が多いです。
V>01リンバーは飛距離がそんなに出ないためか、オーバーミスが少ないです。

V>01リンバー(V>01Limber)は日本とドイツとの共同開発の卓球ラバーです。
外国人の飛べばいいという大雑把さと日本人のきめ細かさが融合された印象です。
ただ、台から下がるとちょっと厳しいです。

V>01リンバーの寿命はというと、二週間ほどで弾みがガクンと落ちました。
他の最新のドイツラバーも寿命は同じぐらいです。

ドイツの工場で補助剤のようなものが塗られているのか、効果が二週間くらいです。
テナジーのように三ヶ月ぐらい弾みが保たれるといいのですが、難しい技術のようです。

軽めの重さなので学生や女性にも向いている卓球ラバーという感想です。




卓球ラバー激安販売
中古ラバーが半額以下!練習用に試打用に最適。
http://tkra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


posted by 卓球ラバー感想レビュー at 04:11 | V>01リンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
amazon





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。