2013年

テナジーの寿命 05と80と64の比較評価と重さ

テナジーの寿命

テナジー 寿命が短いと言われることがあります。
現在はバタフライから、テナジー05と80や64と25と柔らかいfxシリーズなどが発売されています。

テナジーの寿命は短いか比較した評価

テナジーの寿命は短いか他の卓球ラバーと比較してみました。

他の日本製の卓球ラバーで人気があるマークVやスレイバーELとかブライスFXは、約三ヶ月ぐらいで寿命がきました。

ゴム製品なので磨耗したり酸化して劣化し、どうしても寿命がきてしまいます。
輪ゴムもゴム製品で、しばらくするとプチンと切れてしまいますね。

テナジー05やテナジー80などは、最初の数日から数週間は強力過ぎておそろしいほどのひっかかり感があります。
これは他のラバーを寄せ付けない凄い性能です。

テナジー05やテナジー64など、どこの卓球屋さんでも人気ナンバー1ラバーというのは嘘ではないなという感想でした。

テナジーの寿命の感想

テナジー05や25などを使い続けて数週間から一ヶ月ほど経過すると、最初の頃の強烈なひっかかりが少しマイルドになってきます。

二ヶ月ほど経ち少しづつひっかかり感が減ってきます。
そして三ヶ月前後くらいでテナジーの寿命と感じました。

おそらく、数週間から一ヶ月くらいで寿命がきたと思ってしまう方もいると思います。
最初の頃のようなボール表面にカツンと響くくらいの強烈な摩擦力を経験していると、そう思ってしまうかも。

しかし、一ヶ月過ぎた状態でも他のどのラバーより回転がかかります。
スピード感のある弾みは、最初の頃の優れた性能を維持しています。

国際試合の勝敗によって世界ランキングとかその後の人生や収入が変動してしまうプロ卓球選手なら、ラバー交換すると思います。

一般プレーヤー目線では、一ヶ月経ったこの状態でも他の卓球ラバーよりも性能が良く、スピン量も多くテナジーらしさがあります。
開封した最初の頃よりもほんの少しマイルドになっていて使いやすい感想です。

テナジーの寿命の比較

テナジーの寿命についての比較をします。

他社から新発売されている最新のラバーはドイツ製がほとんどなのでドイツラバーと比較します。
卓球ラバーのロゴ辺りを見るとmade in Germanyとあり、すぐドイツテンションラバーとわかります。

このドイツ製ラバーは開封するとスピードグルーとか補助剤などが塗られたような臭いがします。

このグルーは数週間で抜けてしまい、弾みがガクンと落ちます。
(自分でスピードグルーを塗れればまだ使えるのですが、工場だけOKというよくわからない理不尽なルールです。メーカーやショップがラバーを次々と売って儲けるための配慮なのでしょうか。)

ドイツ製ラバーの寿命はテナジーよりも短いです。
グルー効果が一ヶ月もたないためです。
(ルール改正前は卓球選手自身で塗ることができ、今のようなテナジーの一極集中ではなくプロ選手はわりと色んなラバーを使っていました。)

発売するメーカーは違っても、実際のところはドイツ製の同じ工場で作られています。
日本のメーカーから発売されていても、実際は委託生産でmade in Germanyという事がよくあります。
同じ工場で作っているので、ドイツラバーは性能が似たりよったりと言われることがあります。

日本製のテナジーもグルーのような薬品が使われているようですが、スポンジのしっとり感が三ヶ月以上続きます。
スポンジから補助剤のような薬品が揮発しないように配合されているようです。
先進国である日本の技術力の高さでしょうか。

テナジー05と80と64の比較評価

テナジーの比較と評価です。

スピードは速い方からテナジー64、80、05の順番です。
スピンの回転量は、かかる順にテナジー05、80、64の順です。
使いやすさの比較は個人的には、使いやすい順にテナジー80、64、05という感じでした。

シリーズを比較すると、05はスマッシュが難しいと感じました。そのかわりストップや短めのツッツキが出しやすいです。

64は台上技術が慣れないと少しむずかしいかも。スマッシュは打ちやすい上にスピードが凄いです。

テナジー80は05と64の中間くらいの性能で使いやすく、台上もスマッシュもよかったです。

テナジー05と80と64の重さ

テナジーは発売当初は重いラバーといわれていました。

最近、新発売されるドイツラバーのほとんどの製品がテナジーよりも重い重量なので、テナジーは重いという印象は薄れてきたような気がします。

重さの比較は、重量があるほうからテナジー05、80、64という感じです。

実際の特厚の重量は、テナジー05は平均46グラム。
テナジー80は44グラム。
テナジー64は42グラム。
テナジー05FXは43グラム。
なお、厚だともっと軽くなります。

05fxや64fxなどのfxシリーズは打球感が柔らかくなっていて、さらに軽くなっています。
バック面に向いています。学生やレディースにも。

ドイツラバーは53グラムから49グラムが多く、「テナジーより重い」「速く振れない」「振り遅れる」「肩ひじが痛くなる」などと言われています。

テナジーを使う卓球選手

テナジーを使う卓球選手が大半です。

2013年10月の世界ランキング1位馬龍選手はF天極NEO3、Bテナジー64です。
2位許シン選手はF天極NEO3、Bテナジー64です。
3位王皓選手はF天極NEO3、Bスレイバーシートにブライススピードスポンジです。
4位張継科選手はFキョウヒョウNEO3、Bテナジー05FX(その後テナジー80)です。
5位ティモボル選手はFとBがテナジー05です。
6位オフチャロフ選手もFとBもテナジー05です。
7位荘智淵選手はFもBもテナジー64です。

日本の丹羽孝希選手は12位でFテナジー25、Bテナジー05です。(その後テナジー80)
水谷隼は14位でFもBもテナジー64(その後テナジー80)です。

現在のトッププロ選手はほとんどテナジーシリーズを使用しています。

テナジーの重量一覧とプロ卓球選手のラケットの重さについて


卓球ラバー激安販売
中古ラバーが半額以下!練習用に試打用に最適。
http://tkra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


posted by 卓球ラバー感想レビュー at 12:55 | 寿命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
amazon





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。