2016年

卓球ラバーのおすすめ上中級者と初心者や表と粒高 テナジーとヴェガラクザ

卓球ラバーのおすすめ 上級者と中級者と初心者

卓球ラバーのおすすめをまとめました。
100種類以上の卓球ラバーを試しましたが、その中でおすすめはどれかと考えました。

全種類を試すとなると大変なので、卓球ラバーのおすすめが参考になれば嬉しいです。
おすすめに複数の卓球ラバーがありますが、弾みやスピンが違うので、それぞれの戦型スタイルや卓球ラケットに合わせてみて下さい。

卓球ラバーのおすすめ 上級者のフォア面とバック面にテナジーなど

卓球ラバーのおすすめをまとめました。
上級者のフォアにおすすめの卓球ラバー;
テナジー05、テナジー80、テナジー64FX、テナジー25、天極NEO3、天極NEO2、キョウヒョウNEO3、キョウヒョウ8。

上級者のバックにおすすめの卓球ラバー;
テナジー64、テナジー80、テナジー05FX、テナジー64FX、テナジー80FX、ブライスハイスピード、ブライススピードFX、ラウンデル。

100種類以上ためして、個人的には試合に勝つなら両面テナジーがベストと思いました。
他のをいろいろ試すと結局アラが気になってきてしまい、逆にお金がかかってしまいます。

テナジー以外という条件ならぶっ飛びラケットで天極NEO2ラウンデルが非常に優秀でした。

卓球ラバーのおすすめ 中級者のフォア面とバック面にテンション系ラバー

中級者のフォアにおすすめの卓球ラバー;
テナジー64FX、テナジー80、テナジー80FX、テナジー25、テナジー25FX、ブライスFX、ラウンデル、カタパルト、ラクザ7、ラクザ9、ラクザX、天極NEO3、天極NEO2、ミズノGFT48、ファスタークP-1、ファスタークG−1、レナノスホールド、レナノスハード、ナルクロスEXハード、エクステンドHS、ヴェガプロ、ヴェンタススピン、ヴェンタスソフト。

中級者のバックにおすすめの卓球ラバー;
テナジー05FX、テナジー80FX、テナジー64FX、ブライスハイスピード、ブライススピードFX、ラウンデル、ブライスFX、カタパルト、ラクザXソフト、ラクザ9、ラクザ7ソフト、エクステンドHS、エクステンド、ハモンドプロβ、ナルクロスEXソフト、レナノスブライトソフト、オメガ4ヨーロッパ、ヴェガエリート、ヴェンタススピン、ヴェンタスソフト。

初級者(初心者以上で中級者未満)のフォア面におすすめの卓球ラバー;
マークVHPS、ラウンデル、レナノスハード、ナルクロスEXハード、V>01リンバー、ミズノGFT48、ファスタークP-1、ファスタークG-1、ヴェガアジア、ヴェンタスソフト。

初級者(初心者以上で中級者未満)のバック面におすすめの卓球ラバー;
マークVHPS、ラウンデル、ハモンド、ファスタークS−1、エクステンド、プライド30、レナノスソフト、ヴェガヨーロッパ、ヴェンタスソフト。

卓球ラバーのおすすめ 初心者のフォア面とバック面に高弾性ラバー

初級者におすすめの卓球ラバー;
スレイバーEL、マークV、スレイバー、ノディアス。

卓球ラバーのおすすめ 表と粒高ラバー

表ラバーにおすすめ卓球ラバー
ブースターSA、スペクトル、フレアストーム2、VO>102、アタック8。

粒高ラバーにおすすめ卓球ラバー
カールP4、カールP1、カールP3、フェイントロング。
(粒高ラバーはイボ高ラバーとも言い、近年はルールで禁止や制限されたり規制傾向にあります。
プラスチックボール変更によりスピン変化幅が少なくなり打たれやすくなっています。)

卓球ラバーのおすすめ プロ卓球選手のフォア面とバック面のラバー

大きな卓球大会に行くと、両面かフォア面にテナジーの卓球ラバーという方が過半数をこえている印象です。(2014)

強い選手ほどテナジー使用率が高いです。
最新ドイツラバー(Germany)は硬いものでも柔らかいものでも、スイングスピードが速ければ速いほどボールが少しスリップして滑る場合やプツっという音がしてボールが落ちる事が増えます。

勝敗と卓球用具に厳しく妥協が無いプロ選手はこのような卓球ラバーです。
馬龍選手はフォア;天極NEO3、バック;テナジー05(その後キョウヒョウNEO3)。(2012年4月世界ランク1位)
張継科選手はフォア;キョウヒョウNEO3、バック;テナジー64(テナジー05FXでロンドンオリンピック金メダル、その後テナジー80)。
許シン選手はフォア;天極NEO3、バック;テナジー64(2014年4月世界ランク1位)。
王皓選手はフォア;天極NEO3、バック;スレイバーシートのブライススピードFXスポンジ(世界卓球横浜優勝)。
馬琳選手はフォア;天極NEO2、バック;ブライススピードFX(北京オリンピック金メダル)。
ヨーロッパで一番強いドイツのティモボル選手はフォア;テナジー05、バック;テナジー05。
日本の水谷隼選手はフォア;テナジー64、バック;テナジー64(2015年はフォアとバックの両面にテナジー80)。
岸川聖也選手はフォア;テナジー05、バック;テナジー64(その後テナジー80)。
丹羽孝希選手はフォア;テナジー25(その後テナジー05)、バック;テナジー05。2015年はフォアとバックの両面にテナジー80)
吉村真晴選手はフォア;テナジー05、バック;テナジー64。
松平健太選手はフォア;テナジー05、バック;テナジー05。
松平賢二選手はフォア;テナジー64(その後テナジー05)、バック;テナジー05FX(その後テナジー80)です。

プラスチックボール対策の検証 卓球ラバーかラケットどちらか


プラスチックボール対策にはどうしたらいいのか。
上記のおすすめ卓球ラバーやいろいろなラケットを使い、プラボールについていろいろ検証してみました。

というのも、日本製の割れにくいニッタク3スターと、中国製のバタフライTSPその他メーカーの3スターボールでは弾みや回転などの特性が大きく違います。

弾みが違う球を一本の同じ用具で打っていたら、同じように打ったのに使用ボールによって飛んだり飛ばなかったりして感覚やスイングの調子が狂うことが多かったので困りました。

試合ではボールをどちらにするかジャンケンで選べることが多いです。
じゃんけんで負けてしまい、ボールのせいで調子が悪くなり負けたなんてことが起こります。

プラボール対策に卓球ラバーか卓球ラケットかどちらを変えるのがいいか、それとも両方変えたほうがいいのか検証しました。

ボールによって卓球ラバーを変えると、各ラバーによって特徴が違い過ぎて出来ること出来ないことがでてきました。
違うラバーに変えてすぐの時は、感覚や調子が崩れます。

違うラバーにして数日使って慣れれば問題無いのですが、試合毎に日本製ボールか中国製ボールかによって違う二種類の卓球ラバーの用具で対応することは困難でした。

次は、日本製ボールと中国製ボールに対してそれぞれ自分が一番しっくりくる卓球ラケットをいろいろ試打して探しました。

ラバーとラケットをたくさん模索した結果、この組み合わせが一番しっくりきました。
日本製ボールにはCのラケット、卓球ラバーはAとB。
中国製ボールにはDのラケット、卓球ラバーはAとB。

それぞれのボールによって自分が一番しっくりくる飛距離とスピンの卓球ラケットを模索しておくと、同じように振ればいいので、どちらのボールが試合球になっても何も問題無いです。

ボールの弾みの違いはラケットの弾みの強さで補い、各ボールに一番しっくりくる二種類のラケットを用意して対応すると調子が崩れませんでした。

プラボール時代はラバーよりもラケット調整のほうが重要と感じました。
 


卓球ラバー激安販売
中古ラバーが半額以下!練習用に試打用に最適。
http://tkra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


posted by 卓球ラバー感想レビュー at 15:04 | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
amazon





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。