2012年

カールP3

カールP3(カールPー3ソフト)についての試打レビューです。
TSPが販売している卓球ラバーです。

カールP3の定価2,625円、リーズナブルで安いという感想を持ちました。
卓球ラバーの粒高ラバーとかイボ高ラバーとも呼ばれています。

粒高ラバーと言えば、カールP1・カールP2・カールP3などがとても有名で評判が良いです。
カットマンの卓球選手から絶大な支持を受けています。

カールP3をさっそく使ってみると、弾みはそんなに無く相手の球に角度を合わせて当てるだけで返球できます。
最初のうちは、慣れるまで扱いが難しいです。

裏ラバーやハイテンションラバーのように、自分で回転をかけるのではなく、カールP3は相手の回転を逆にして返球できます。
相手がドライブを打ってきたら、粒高ラバーは摩擦が少ないのでボールに当てるだけで回転がそのまま残って、相手にとってはツッツキのような少しナックル(無回転)っぽいボールが返っていきます。

それを相手がまた対上回転ドライブを打とうとすると、少し下回転になっているので、カールP3でミスを誘えます。
しかし、ブロックして当てるだけだと相手が中級者や上級者だとあまり通用しない事が多く、対下回転のドライブで返球されたり、ツッツキで返球されます。

そのツッツキをまた、カールP3に当てて返球すると、相手には少し上回転がかかった球が返球されます。
中級者や上級者の場合、それを対上回転ドライブや台上ドライブ・スマッシュ・フリックなどで返されてしまいます。

カールP3に当てるだけだと、粒高ラバーに慣れている方や上級者にはどんどん攻撃されてしまい、こちらが失点してしまいます。

バックに貼ってカットをすると、非常に安定して返球できます。
飛びすぎることが無いので、相手の強いドライブに対してもオーバーしにくく、カットに安定感があります。

フォアはカットしやすいので、攻撃も出来るテナジー64やテナジー05などのハイテンションラバーを貼って、バックはフォアに比べて切りにくいのでカールP3やカールP1などの粒高ラバーを使用するカットマンの方が多いです。

卓球大会の試合では、カットマンの方はバックがカールP3やカールP1の場合が多いです。
たまに、バックがフェイントロングやアンチラバーのカットマンもいます。
アンチラバーは、無回転に近いナックルになって返ってくることが多いです。
 


卓球ラバー激安販売
中古ラバーが半額以下!練習用に試打用に最適。
http://tkra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


posted by 卓球ラバー感想レビュー at 02:39 | カールP3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
amazon





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。